スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ドロシーファイブルマン ワークショップの参加者募集

美しさ・技法が世界的に評価の高い陶芸家ドロシー・ファイブルマンさんを講師にむかえ、2日間かけてワークショップを開催いたします。制作するものはアクセサリーパーツまたは盃です。万華鏡のように広がる練り込みの文様…。繊細な指先の妙技を体験してみませんか?



1日目
◎スライドレクチャー
ドロシーさんの作品ができるまでの経緯や、現在の活動状況をスライドで解説。その後、制作に入るに当たってのレクチャーを受けます。

◎練り込み形成作業
色粘土を使ってパーツを制作。それらをパズルのように組み合わせて文様を作り、うつわの形へ起こします。形成後は乾燥室で一晩乾かします。



2日目
◎削り作業
前日に完成した作品の表面や裏を削り、形や厚みを整えます。

◎焼 成
窯に入れて焼き上げます。参加者は窯入れして終了となります。作品は後日郵送または引き渡し。



開催日
9月29日(土)・30日(日)
11月24日(土)・25日(日)
12月 1日(土)・ 2日(日)

時間
10:00〜17:00

定員
1回につき12名(最小決行人数8名)

体験費
50,000円(交通費・宿泊費等は含まれません)

※その他、詳細やご質問は幸兵衛窯作陶館までお気軽にお問い合わせください。



〔お問い合わせ先〕幸兵衛窯 作陶館
http://www.sakuto-kan.com/

TEL&FAX 0572-22-0509
〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町4-30-2

陶の里フェスティバル開催のご案内

10月6(土)・7(日)に陶の里フェスティバルin市之倉が開催されます。メイン会場となる市之倉さかづき美術館の広場や、市之倉オリベストリートをはじめ町内一帯の窯元で陶器市が行われます。また、お楽しみイベントも盛りだくさん!行楽の秋には窯元の町、市之倉へ是非お出かけください。
※雨天決行いたします

開催日
10月6日(土)・7日(日)

時 間
10:00〜16:00

会 場
市之倉さかづき美術館、市之倉オリベストリートほか市之倉町内一帯

〔お問い合わせ先〕陶の里フェスティバル実行委員会

http://www.tohnosato.or.jp/

TEL 0572-22-3719
〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町2-180
(市之倉陶磁器工業協同組合内)

陶の里明かりの器コンテストのご案内

11月3日(土)に陶の里明かりの器コンテストを開催いたします。市之倉の窯元と町民が協力して盛り上げる毎年恒例のイベントです。市之倉さかづき美術館前の広場に陶製の明かりが並べられます。ろうそくのやさしい火影が夕闇に広がるなか、タンゴの音色をお楽しみいただけます。コンテストの投票、コンサートは参加無料です。是非お越しください。

コンテストには、自作した明かりの器を並べることもできます。制作・出品を希望される方はお電話にて実行委員会までお問い合わせください。



開催日 11月3日(土)
時間
17:00〜 明かりの器搬入・設置
18:00〜 明かり点灯・投票審査
18:30〜 タンゴコンサート
19:30  表彰式

会場
市之倉さかづき美術館 広場
〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
0572-24−5911(火曜休館)

〔お問い合わせ先〕市之倉 明かりの器コンテスト実行委員会

応募に関するお問い合わせTEL 0572-22-3776(市之倉公民館)

作品制作に関するお問い合わせTEL 0572-22-3706(加藤吉夫)

芸術授業 延べ7000人学ぶ しが体験サポートセンター 開設1年

 本格的な芸術の授業を滋賀県内の小中学校や高校などに提供する「しが文化芸術体験サポートセンター」が、7月1日で開設1年を迎える。陶芸家や茶道の師範を派遣する一方、授業の運営を手伝う「文化ボランティア」の育成に力を入れている。

 ■陶芸、茶道…プロを派遣

 県文化振興事業団が、市民グループ「子どもの美術教育をサポートする会」の活動を参考に、大津市の滋賀会館内に開設した。

 昨年度は、45の学校や保育園で、延べ7000人を超える児童や生徒が、陶芸や茶道、演劇をテーマにした授業を受けた。講師には、甲賀市の県立陶芸の森やミホ・ミュージアムが紹介した陶芸家をはじめ、茶道武者小路千家の師範や草津市の「しが県民芸術創造館」の演出家らが立った。

 一方、文化ボランティアとして延べ306人を派遣した。芸術の授業で子どもの手伝いをするだけでなく、大学で考古学を専攻する学生が専門を生かし、授業を行うケースもあった。

 センターは「初年度は美術の授業が多かったが、本年度は音楽や演劇などの授業も展開して活動の幅を広げたい」としている。


元ネタ

織部の鉢や瓶など多彩に 松坂屋美術館で岡部嶺男さん回顧展


 豊田市や日進市に自宅兼陶房を構え、独創的な作品を制作した陶芸家の岡部嶺男さん(1919−90年)の没後初めての本格的な回顧展「青磁を極める−岡部嶺男展」(中日新聞社など主催)が、名古屋市中区栄3の松坂屋美術館で開かれている。7月10日まで。
 岡部さんは、瀬戸の窯神山に陶芸家の故加藤唐九郎さんの長男として生まれた。幼少から陶芸に親しみ、戦後復員してから本格的に作陶を開始。織部、志野、灰釉(かいゆう)など地元の伝統技法を使って現代的な作品を多く生み出した。特に、端正なボディーにひび割れが交錯した青磁は高い評価を得ている。
 今回は、初期から最晩年までの陶芸173点と書3点を一堂に展示。縄文を入れたり、ろくろ目を立たせたりして、土の量感を躍動的に表した織部の鉢や瓶(かめ)、きらびやかな天目茶わん、神秘的な光を秘めた青磁の花器など多彩な作品が並ぶ。
 会場には、縄文を入れるための道具や、ろくろに向かう時に聞いていたクラシック音楽のレコードなども展示。訪れた多くの陶芸ファンの関心を引いていた。
 会期中無休。一般1000円。
 (森村陽子)


元ネタ

益子で1日まで高麗青磁の巡回展(6/29)


 【益子】国宝級の高麗青磁を再現した「康津(かんじん)青磁日本巡回展」が七月一日まで、益子陶芸美術館で開かれている。
 「高麗青磁」は、中国の影響を受け九世紀ごろから康津郡を中心に生産された韓国を代表する焼き物で、毎年、康津で開かれる「青磁文化祭」には約三十万人が訪れるという。

元ネタ

“体験”で滞在観光振興-むらづくり協 新旅行事業

 滞在型の観光客誘致を目指す民間団体・奈良のむらづくり協議会(代表幹事、村田武一郎県立大学教授)は27日、従来型の社寺観光の枠を越えた体験型旅行ツアーの一つとして「工房街道」のプロジェクトをまとめた。県東部・中山間地域の木工、陶芸などの工房体験を中心に置いた宿泊型のモニターツアーを今年8月に実施し、その成果を検証・PRしながら中山間地域の魅力アップを図り、都市住民と地元住民の交流拡大につなげる試みで、県も新年度補正予算でモデル事業として予算化した。

 室生、大宇陀、吉野、川上の県東部・中部の中山間地域には木工や陶芸などの工房が多く、工房街道として地域の魅力として紹介するとともに、工房での体験とは別に里山体験や農業体験などからなる「奈良のむらモニターツアー」も計画。新しい観光ツアーの創造へと地域と一体になって開発するのがこの事業の目的…


元ネタ

生活と感性 融合140点 陶芸、ガラス『朝日の工芸展』


 朝日町ゆかりの工芸作家の陶芸やガラス作品を集めた「朝日の工芸展−伝統から若い力へ」が、同町東草野の町立ふるさと美術館で開かれている。町の生活に溶け込んでいる伝統工芸と若手作家の豊かな感性が、訪れた人を楽しませている。七月二十九日まで(火曜日休館)。
 町内の交流体験施設「なないろKAN」の開館十周年記念を兼ねた郷土企画展。同館の陶芸、硝子(がらす)の両工房スタッフをはじめ、同町蛭谷地区に伝わる「蛭谷(びるだん)和紙」の継承者ら十人が約百四十点を出品した。
 陶芸ではともに町内に窯を持つ「赤川焼」の野村彰さんと「笹川焼」の竹内登さんの二人、蛭谷和紙では入善町在住の若手作家、川原隆邦さんを紹介。ガラスでは、硝子工房スタッフのほか、独立して制作に励む若手作家ら七人の個性あふれる作品が並ぶ。
 赤川焼は、中世から石川県珠洲市に伝わる「珠洲焼」の技法を野村さんが取り入れ、新たに始めた。釉薬(ゆうやく)を使わず、窯の中で焼くまきの煙を吸着させるのが特徴。作品の一つ「鉄絵炭化壺(つぼ)」は素朴ながら、独特の灰色の風合いに仕上げた。
 笹川焼のルーツは笹川地区で江戸時代末期まで製造されていた「宮崎焼」。途絶えてしまったが、地元の人たちが一九七六年に復活させ、竹内さんが受け継いでいる。「辰砂釉花器(しんしゃゆうかき)」は銅を混ぜた釉薬を用い、赤色に焼き上げた。 (広中康晴)


元ネタ

高校生が一日窯入門 安来・情報科学高

 島根県安来市能義町の県立情報科学高校の三年生が二十五日、体験学習の一環として同市広瀬町須谷の方円窯で陶芸に挑戦した。生徒たちはオリジナルの作品を目指し、粘土の感触を楽しんでいた。


思い思いの陶芸作品に挑戦する情報科学高の生徒
 陶芸体験をしたのは、興味や進路目標ごとに八班に分かれて取り組む「課題研究」科目の地域研究班の生徒三十二人。今回は、島根県ふるさと伝統工芸品に指定されている方円窯の亀尾志郎さんが指導した。

 生徒たちは、粘土をひも状にして輪積みする手びねりの茶わんや、四角や円形の皿、取っ手を付けたマグカップにするなど、思い思いの作品で伝統工芸に親しんだ。

 同校三年の原聖史君(17)は「簡単にできると思っていたが、思ったよりも形づくるのが難しい」と話していた。作品は、九月に開かれる同校の文化祭で披露される。


元ネタ

和製「曜変天目茶わん」 北京の故宮博物院に収蔵

土岐の林さん、800年ぶり再現

 【北京=平岩勇司】中国で途絶えた「曜変(ようへん)天目茶わん」を復活させた陶芸家、林恭助さん(44)=土岐市泉町=が二十六日、北京の故宮博物院を訪れ、自作の茶わんを寄贈した。中国文化最高峰の故宮に日本の陶芸家の作品が正式に収蔵されるのは、益子焼の人間国宝・島岡達三さん以来、七年ぶりという。
 曜変天目茶わんは十二−十三世紀の中国福建省で盛んとなり、表面に斑紋が青く輝くのが特徴。魅力にひかれた林さんが同省を何度も訪れ、八百年ぶりに再現に成功した。三月に北京の中国美術館で個展を開くと、中国古陶磁器学会などが「芸術的価値が高い」と称賛。外交上の贈り物以外はあまり受け入れないといわれる故宮への収蔵が決まった。
 この日は、文物が寄贈される時に使用する故宮内の「景仁宮」で贈呈式を開催。中国マスコミも取材する中、林さんは「自作で一番の出来」という茶わんを陳麗華・故宮副院長に手渡し、出席者に拍手でたたえられた。
 林さんは「あこがれの故宮に収蔵され、これ以上の喜びはない」と感無量。陳副院長も「この日は中日文化交流の歴史の一ページとなるでしょう」と語った。林さんは中国美術館にも作品を寄贈する。

元ネタ

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM