<< 磁器と陶器のハーモニー 瀬戸の陶芸家らが2人展 | main | ろくろ倶楽部着ました! >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


幼なじみの2人が陶芸展  東近江、色鮮やかな作品ズラリ


 滋賀県東近江市青葉町の市立八日市文化芸術会館で、幼なじみの2人の陶芸家の作品を集めた「作陶40年を越えて2人展」が開かれ、色鮮やかな作品が訪れた人々の目を引いている=写真。
 2人展は小学生のころから友人で、ともに陶芸家の高橋政男さん(61)=甲賀市信楽町長野=と小嶋太郎さん(61)=東近江市外町=の作品を展示している。

 会場には、寒い冬に湖面に生えるヨシを白いうわぐすりで表現したつぼ「雪炎」など約65点が並んでいる。来場者らは自然の偉大さを伝える作品などに見入っていた。9日まで、無料。


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 11:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM