<< 名古屋の美術館に名品戻る 美術品窃盗の男保管 | main | 三浦小平二氏が死去 陶芸の人間国宝 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ろくろ倶楽部の処女作。-斗々屋茶碗-[ろくろ倶楽部04]

[ろくろ倶楽部03]の続き

-----------------------------------------------------------

ろくろ倶楽部を左回転で
「わははh!
 左回りのお前など、我が輩の相手ではないわ」
(すっかり自信を取り戻した様)

ではでは、先生。
さっそくひいてみてください。

ろくろをひくときはまず、粘土を良く煉ります。
粘土の中の空気を抜いてやる意味合いと、粘土の質感が均一になるようにします。
市販の粘土はその辺がしっかりやってあるので、なまじ煉らない方が空気も入らないし、
質感ももともと均一なので、気にせず作ると良いと思います。

青葉先生の粘土は山からとってきたものを、先生が粘土にするので、
丁寧に煉ってやる必要があるのです。

ろくろ倶楽部で芯がとれない
で、早速ひいてみると困ったことが。
「こっっこ、こまたんだな。ねね、粘土の芯がとれないんだな。」
てへへ

ろくろの回転が遅いので、粘土の芯がとりづらいとのこと。
「先生、それで、歪むのも味ですよ味。
 先生の実力なら問題ないです!気にせずやってください!」

「たはー!やっぱし?」
炎先生

まぁ、とりあえずはとれるだけ芯をとりましょう!
ろくろ倶楽部の力

えいやっ!と力を入れてろくろを回します。
ここで、発見。ろくろ倶楽部って結構力持ち。
かなり力入れても止まらない!
えらいぞ!

ひいてるとこの動画



やっぱり芯出しがいまいちだったので、歪んでしまいます。
歪んだとこは、カッティング!
まあ、このゆがみが楽しめるようになると"通"ですな。
口をカッティング
付属のしっぴき(釣り糸みたいなやつ)で、口を切る。

カットした口
カットした断面は荒いので、指でなぜて滑らかにしてやる。
くちを滑らかにする
こんな道具を使って滑らかにしてやるのも良い。
こういう道具は台所に代替品となるものがいっぱいあるから、みんな工夫してみようね。

で、こんな感じに出来ました。
できた!


いかがでしょう?

-次回-
ろくろ倶楽部は何を作るのに向くか?
回転数の遅いところを利用する!!


プリザーブドフラワーと和陶器の塊花壇


※芯だし
ろくろの上においた粘土がバランスよくろくろの上にのっているようにすること。
重心がろくろの中心にくるようにする。
芯がとれてないとは
芯がとれてないということは、どこかの部分が粘土が多い(少ない)状態。

このままろくろをひくと…
芯がとれてないとこうなる
あまった粘土の分だけ歪な型になる。


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 12:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM