<< 【東濃】美濃焼の器で給食楽しむ 多治見の南ケ丘中 | main | 道内陶芸界の草分け 小森忍の世界 一堂に セラミックセンター あすから新収蔵品展 中国古陶磁との対比も >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


陶芸用の粘土を新発売/会津本郷焼の酔月窯

会津美里町にある会津本郷焼の窯元・酔月窯は、一般向けに本郷地域から出る大久保陶石を使った陶芸用の粘土の販売を始めた。

本郷地域では400年前に原料の陶石が産出されたことから焼き物が始まったとされる。
産地として材料となる粘土を一般にも提供しようと始めた。
倉庫内の不要な窯を撤去し、スペースが出来て粘土をストックできるようになった。
粘土は大久保陶石が約6割入っている。
プロでも素人でも扱いやすく、ひびが入りにくい。
焼き上がるととても丈夫で強度がある。
価格は10キロで1200円(税込)。
12月中は1000円で販売する。
問い合わせは酔月窯電話0242(56)3103へ。

酔月窯サイト

元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 19:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM