<< ニュージーランド・ワイヘキに伊東夫妻を訪ねて | main | 農村に陶芸ブーム 旧幼稚園に大路土窯開く >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


海外にも信楽焼発信 甲賀市長が県版特区認定書受け取る

 県版経済特区「県経済振興特別区域」の認定書授与式が28日、県庁であり、甲賀市の中嶋武嗣市長が、嘉田由紀子知事から認定書を受け取った。

 申請があった3件から選ばれた甲賀市は、「国際陶芸産業都市特区」を計画。日本6大古窯の一つの信楽焼を海外に売り込み、国際見本市を3年に1回開いて、市の活性化を図るとしている。

 中嶋市長は「特区を起爆剤にして、海外にも信楽焼の良さを知ってもらいたい」と説明。知事は「大変でしょうが、がんばってください」とエールを送った。

 (吉岡雅幸)

元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 12:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/08/10 2:54 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM