<< 魯山人直筆の箱書き写真を展示 足立美術館 | main | 多彩な陶作200点余/東京 県芸卒若手3人 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


瀬戸の陶器 魅力知って 市役所の展示一新


 瀬戸市役所正面玄関ロビーの展示ケースの陶磁器が一新され、瀬戸らしい織部の器や染め付け作品が飾られた。

 来庁者に陶磁器産業をPRするため、県陶磁器工業協同組合(愛陶工)や瀬戸陶磁器工業組合など5団体が出品して常設展示している。

 入れ替えた作品は、市の花ツバキの紋様をあしらった織部の尺皿や、フクロウを模したランプシェードなど24点。

 市担当者は「伝統的な器から新製品まで並んでいる。市外から来た人に瀬戸の地場産業をアピールできれば」と話している。

元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 10:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM