<< 流氷野焼き、祈りの炎…〜聖歌のメロディーに乗って | main | ≪焼き物百科≫古陶の技ヒントに 青山双男さん(58)=多治見市 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


現代陶芸の力作を紹介 多治見ゆかりの4人展


 多治見市ゆかりの陶芸作家の作品を集めた企画展が11日、同市本町の市文化工房ギャラリーヴォイスで始まった。3月11日まで。

 「やきものの現在 土から成るかたち〜美濃を中心に〜」と題した企画展の3回目。現代陶芸の分野で活躍する伊村俊見さん、加藤智也さん、佐藤雅之さん、原山健一さんの4人が出品した。

 「高さの限界を知りたい」と巨大な土のひもをうねるように伸ばした約170センチのオブジェや、「原始的な技法でダイレクトに表現を伝えたい」と、手びねりで1メートルを積み上げた器状の作品など16点が並ぶ。各作家が土の性質、含まれる水の役割などを追究しながら、自己表現を行った。

 この日は出品作家が造形について論するシンポジウムも開催され、約150人が熱心に耳と傾けていた。

 (田村あずみ)

元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 10:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM