<< 陶芸や絵本など800点 津でみえ夢学園高の作品展 | main | 波佐見焼絵付けデザイナー吉川さんに伝統的工芸品産業功労者褒賞 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【知多】 元学校長竹内さん、初の陶芸展 南知多で香呂など70点


昨年3月に常滑市西浦南小学校長を定年退職した竹内節子さん(南知多町山海)による初の陶芸展が同町師崎の旅館「活魚の美舟」で開かれている。竹内さんは「教え子たちに『夢を持ちなさい。夢は実現してこそ夢』と言い続けてきた。個展を開くという自分の夢がやっと実現しました」と話す。3月4日まで。

 竹内さんが陶芸を始めたのは6年前。西浦南小では、常滑を代表する陶芸家小西洋平さん(66)=常滑市奥栄町=が、児童に焼き物作りを手ほどきしていた。竹内さんも児童とともに取り組み、小西さんの「土は生きている」「土と遊ぶ」といった姿勢に引かれた。

 月に一度、小西さんの指導を受け、3年前には自宅に窯も構えた。今回の個展は、かつての教え子が会場提供を申し出たことから実現。ピラミッド形の照明具や香炉など約70点を展示した。高さ45センチの花器は、早春の潮の流れを生き生きと表現した。

 小西さんは「これからも陶芸を続けて、明治から昭和にかけて内海に伝わっていた『内海焼』を再現してほしい」と励ます。竹内さんは「今後は地域のボランティアとして、陶芸を広めていきたい」と話している。問い合わせは同旅館=電0569(63)2200=へ。 

 (長田真由美)

元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 10:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/03/01 8:04 PM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM