<< 「ひろしま」陶芸展が開幕 | main | 出来栄えに一喜一憂 波佐見・登り窯の窯出し体験 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ようこそ たぬき御殿へ

― 展覧会から ―

2007年04月29日

6月3日(日)まで、甲賀市信楽町の滋賀県立陶芸の森 陶芸館で開催中。問い合わせは0748―83―0909、ホームページhttp:/www.sccp.jp/

狸置物(信楽・古仙堂作、大正末―昭和前期)
土灰青磁狸置物(萩・6代三輪喜楽作、江戸後期)
手捻狸鈕山水文急須(四日市萬古・初代小川半助作、明治初期)
楽焼狸手焙(石黒宗麿作、大正末)
酒買狸(京都清水・今井狸庵作、昭和前期)
狸置物(常滑・松下福一作、大正ー昭和初期、常滑市民俗資料館蔵)
    ◇

 京都から東海道線の普通列車で東へ10分余り。JR石山駅で下車。帝産バスに乗り換えて、約1時間で信楽町。道路沿いにズラリと並んだやきもの屋の店頭から、巨大なたぬきがこちらを睨んでいます。小首をかしげ、右手に大徳利。左手には、ツケ買い用の通い帳をぶら下げた愛嬌ある姿。黄色い菅笠に、体が黒。太鼓腹だけは白塗り。どうやらこれが標準的スタイルのようです。そう思って眺めていたら、徳利は左手、通い帳が右手のタイプも。股間には、八畳敷の異名でお馴染みの大フグリがぶらり。今回展示されているやきものたぬき達の中で、大正末から昭和前期に、信楽の古仙堂こと藤原乙次郎が作った狸置物(高122cm)が、街道で出迎えてくれた大たぬきに最も似ていると感じました。この辺りが祖形では、と見当を付けてはみたものの、余り自信はありません。街中がたぬきだらけ。とにかく数が多過ぎます。


続きを読む

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 12:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM