<< 長岡の陶芸家斎藤さんが入選 | main | 坂本さん(東京都)大賞 ユニークな器展 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


京都・やきもの倶楽部、今秋設立へ 京の第一人者と連携


 清水焼団地協同組合(京都市山科区)の若手作家らが陶芸作品の生かし方を愛好家とともに探る「京都・やきもの倶楽部(くらぶ)(仮称)」を今秋にも設立する。日本料理や茶道、華道などの第一人者と連携して大皿やつぼなどの新たな使い方を研究、提案し、「生活を楽しむ道具」としての焼き物を消費者にアピールする。

 季節や気分に応じた使い分けなど、日常生活での焼き物の利用方法を陶芸作家と愛好家が考え、焼き物ファンを増やすのを目的としている。倶楽部は、日本料理や茶道、華道の専門家との座談会などを定期的に開き、専門家の視点で焼き物の魅力や用途などを話し合ってもらう。また、日本各地の有名な窯元を訪ねる研修旅行なども企画する予定。

 清水焼団地協同組合は、倶楽部設立に向けて4月22日にホテルグランヴィア京都(下京区)で、同ホテルの村上一和食統括料理長と陶芸家らの座談会を開いた。呼び掛けに応じた近畿や関東などの陶芸愛好家約40人を前に、村上料理長は「ファッションのように食事の時にどんな陶器を使うかを楽しんで」と助言、若手作家が作った大鉢に刺し身や焼き魚を実際に盛りつけ、使い方を提案していた。

 陶器の消費量は減少傾向にあるといい清水焼団地協同組合の今井眞正倶楽部設立担当は「作り手側にも参考になる。京都から愛好家の輪を広げ陶芸全体を盛り上げていきたい」としている。問い合わせは同組合TEL075(581)6188。


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 13:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM