<< 27、28日に陶芸作品展・くらしセンターべしみが山崎陶房で | main | 花テーマに、絵画・彫刻・陶芸  大山崎山荘美術館 20日から展覧会 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


昭和村で陶芸やりたい 名誉村長・中村玉緒さん


「来園者と一緒に焼き物に取り組みたい」と話す中村玉緒さん=美濃加茂市山之上町で

 「昔からの夢を実現したい」−。美濃加茂市山之上町の平成記念公園・日本昭和村の名誉村長中村玉緒さんが十八日、同園を訪れ「園内の登り窯で、みんなと焼き物を作るプロジェクトに取り組みたい」と語った。公園を設置、整備した県も「検討したい」と前向き。実現すれば、焼き物を通して交流の輪を広げるユニークな試みになりそうだ。
 中村さんは、二〇〇三年四月の開園以来、村長を務め、今年が五年目。これまでたびたび来園し、トークショーやレトロファッションのコンテストの審査員を務めるなど、来園者とのふれあいを大切にしてきた。
 その中村さんが、以前から気にかけていたのが、登り窯。昭和三十年代の山里を再現した園内の一角にあるが、ほとんど使われていない。三十年以上前、石川県の九谷焼を題材にしたドラマに主演した経験がある中村さんは、焼き物作りが長年の夢だったという。
 中村さんの考えでは、全国に参加を呼び掛けて毎年一、二回、来園者と陶芸作品を制作。中村さんの好きなバラ模様の絵付けをした皿やカップ、帯留めなどを作り、完成品は廉価で販売する。「皆さんと一緒に作るのが楽しい」と中村さん。一度きりのプロジェクトでなく、長い目で、全国の人に、昭和村や岐阜県をPRしたい考えだ。
 中村さんは、着物のデザインでも知られる。専門家の助けや、燃料のアカマツの確保、資金面など、実現には課題も残るが、中村さんは「参加者と一緒に、下呂や郡上に宿泊し、食事をするのもいいですね」と夢を広げている。
 (井上昇治)

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 19:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM