<< 西日本陶芸30人展始まる 25日まで 福岡市の岩田屋 | main | 「阿南窯」米留学生も挑戦 焼成イベントに参加希望急増 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


越前焼の風鈴作りピーク 陶芸作家の巧みな手さばき


 越前市大虫本町の製陶業「宗倉(そうくら)陶業」で越前焼の風鈴作りがピークを迎え、陶芸作家の宗倉克幸さん(37)が巧みな手さばきで風鈴を作り上げている。
 風鈴の形を形成する「ろくろ場」には乾燥むらが出ないように冷房装置はない。宗倉さんは噴き出す汗をぬぐいながら、いい音色になるように厚みのバランスに気を配って製作してる。
 越前焼の風鈴は、焼き締めることでガラス製の風鈴にも負けない音色を奏でるという。消費者からは越前焼特有の素朴な風合いが好評。価格は一個約千六百円で、越前町の越前陶芸村で販売している。風鈴作りは七月末まで続けられ、シーズン中は約五百個作るという。
 (長谷川寛之)


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 14:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM