<< 「阿南窯」米留学生も挑戦 焼成イベントに参加希望急増 | main | 生徒ら1年間の成果発表=石川文化祭、いい雰囲気で >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


堂平窯跡、美山最古か/県埋文センター調査報告書


 薩摩焼が始まって間もないころの古窯で、「文禄・慶長の役」で連行されてきた朝鮮陶工が苗代川(日置市東市来町美山)に築いたものとして2番目に古いとみられてきた堂平どびら窯跡が、美山で最も古い窯である可能性が出てきた。鹿児島県立埋蔵文化財センターがこのほど発行した発掘調査報告書で明らかになった。
 これまで苗代川系薩摩焼の窯は、朝鮮陶工が16世紀末に開いた串木野窯(いちき串木野市)に始まり、美山に移った後は元屋敷窯から堂平窯へと続くと考えられてきた。元屋敷窯とされる窯跡は見つかっていない。
 発掘調査では、朝鮮式の単室傾斜窯1基のほか、17世紀の初期薩摩焼が大量に出土。朝鮮の製陶技術が色濃く残る一部遺物が、元屋敷窯のものといわれてきた陶片よりも古く、串木野窯に近い特徴を持つことが判明した。

 報告書では、元屋敷窯は存在せず、同窯跡とされている場所には「(堂平窯の)陶工たちの屋敷や工房があった可能性」を指摘。その場合、串木野窯に続いて1610年代に堂平窯が開窯していたと想定している。
 堂平窯跡の遺物からは、薄作りが特徴である17世紀前半のI期から、器壁が厚い同後半のII期に変化する詳細な様子が分かるという。
 堂平窯跡は、南九州西回り自動車道建設に伴い、1998−99年に同センターが調査した。窯跡は約600メートル東に移設保存されている。


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 14:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM