<< 個性光る花器展示 敦賀で華やか陶器展 | main | 年月重ねた青手の輝き 山中温泉できょうまで 古九谷修古祭 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国文祭の成果継承目指す 「陶芸 萩大賞展」作品募集 12月から開催

 県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古)は、陶芸の振興を目指して作品を一般から公募する「現在形の陶芸 萩大賞展」を12月15日から来年1月14日まで、同館で開く。「国民文化祭やまぐち2006」の成果を継承する、第1回県総合芸術文化祭の特別企画で、募集作品(1人2点以内)は未発表の創作作品に限る。

 作品は、縦、横、奥行きともに80センチ以内、複数の組み作品は最長150センチ以内。1次審査は写真による審査で、郵送が9月15日‐10月15日、メールが9月15日‐10月26日。2次審査(11月28日)で、萩大賞1人(副賞100万円)▽準大賞1人(同20万円)▽優秀賞3人(同5万円)などを選ぶ。

 出品料は1次審査が無料。2次審査は1点で3000円、2点で5000円。

 問い合わせは、県立萩美術館・浦上記念館=0838(24)2400。応募方法は同館のホームページ=http://www.hum.pref.yamaguchi.jp/

=2007/06/25付 西日本新聞朝刊=


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 14:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM