<< 年月重ねた青手の輝き 山中温泉できょうまで 古九谷修古祭 | main | 本郷の流紋焼が「親父の陶芸倶楽部」を開催 >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


三の丸尚蔵館第44回展開催要領


1 展覧会名   「京焼多彩なり−明治から昭和へ」
 
2 会   期  平成19年7月7日(土)〜9月9(日)   観覧要領

             前期:7月7日(土)〜8月5日(日)
             後期:8月7日(火)〜9月9日(日)

    休館日    毎週月曜日・金曜日
           ただし,7月16日(月・祝)は開館し,翌火曜日を休館とします。


3 概   要

   わが国のやきもののなかでも,京焼は華やかな意匠や繊細な絵付けによって親しまれています。江戸時代前期から中期にかけて野々村仁清や尾形乾山といった 個性豊かな名工を輩出し,彼らに続いた仁阿弥道八や永楽保全らが他の地域へその技術を伝え,高級で多様な技術を持つ京焼という,ブランド・イメージを次の 世代へと継承させてきました。本展ではこのような近世以来の伝統を受け継ぎつつ,明治時代にまた新たにその魅力を開花させた近現代の京焼を特集します。
 近代の京焼は西洋から新しい製造技術を導入することで,近世の雅やかな器とは異なる新生面を切り拓きました。当初は海外輸出を目的として,細密な絵付け による京薩摩が量産されたり,同時代の西洋陶磁を参考にして器形や意匠の改良が試みられました。しかし,やがて東洋陶磁の長い歴史を踏まえて自らの特質を 模索し,京焼が本来の理想としてきた造形美を再び追究するようになりました。それは,中国や朝鮮の古陶磁を意識したものや,仁清によって昇華された色絵, または巧みな造形感覚を生かした置物や陶彫に見ることができます。そして,戦後はモダンと伝統との間で均衡を保ちながら,それぞれの作家が現代京焼の創造 に挑戦してきました。
 今回の展覧会では,三代清風與平や五代および六代清水六兵衞,楠部彌弌などの作品を中心に,多彩に展開してきた優品の数々を紹介します。本展を機会に京 焼の新たな魅力を再発見していただければ幸いです。


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 14:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM