<< 北部初の支援NPO発足 障害ある子と親に安心提供 | main | TOTO北京ショールーム開業、高級ブランドの定着化を図る >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


梅雨…陶器で涼を演出 瀬戸蔵のショップと品野陶磁器センター


 ◆品野陶磁器センターでそうめん鉢やそばちょこ展示
そうめん用の鉢やそばちょこなど季節の器を集めたコーナー=瀬戸市の品野陶磁器センターで

 瀬戸市品野町の品野陶磁器センターに、冷やしそばやそうめんに合う器を集めたコーナーが設けられ、夏の風情を演出している。
 「季節に合った器を楽しんでほしい」と、毎年この時季に企画。品野地区の窯元、製陶所が作ったそうめん鉢や、つゆを入れるそばちょこなど約百点を並べた。
 半割りの竹をかたどった白い志野の盛り皿(千四百円)や、緑色が涼しげな織部のそばちょこ五客セット(五千二百五十円)などがあり、夏の贈答品用に買っていく人もいるという。
 青磁の鉢とちょこ、薬味入れのセットなどが売れ筋。コーナーは七月末ごろまで設置される。(問)同センター=電0561(41)1141 (細井卓也)
 ◆瀬戸蔵のショップ、陶製風鈴や蚊取り器展示
 瀬戸市蔵所町の瀬戸蔵セラミックプラザに「夏の風物詩コーナー」が設けられ、陶製などの風鈴二百個余がつるされた。いずれも陶製の卓上風鈴や蚊取り器に加え、水に浮く金魚と招き猫なども並べられ、涼を演出している。
 風鈴は、招き猫や金魚、ブタ、アヒル、土瓶などさまざま。染め付けの銅鐸(どうたく)やカメのほか、ガラス製品もある。
 瀬戸蔵二階にある瀬戸蔵ミュージアムのグッズとして昨年作られた「せとでん風鈴」や、光触媒を使った招き猫や風鈴も。値段は五百−六百円が主流。
 同店は、瀬戸で作られる陶磁器を一堂にそろえる県陶磁器工業協同組合(愛陶工)のアンテナショップ。風鈴を飾った店員は「蒸し暑い梅雨だけに、少しでもさわやかさを感じていただければ」と話している。 (保母哲)


元ねた 

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 14:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/07/28 11:23 AM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM