<< 生活と感性 融合140点 陶芸、ガラス『朝日の工芸展』 | main | 益子で1日まで高麗青磁の巡回展(6/29) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


“体験”で滞在観光振興-むらづくり協 新旅行事業

 滞在型の観光客誘致を目指す民間団体・奈良のむらづくり協議会(代表幹事、村田武一郎県立大学教授)は27日、従来型の社寺観光の枠を越えた体験型旅行ツアーの一つとして「工房街道」のプロジェクトをまとめた。県東部・中山間地域の木工、陶芸などの工房体験を中心に置いた宿泊型のモニターツアーを今年8月に実施し、その成果を検証・PRしながら中山間地域の魅力アップを図り、都市住民と地元住民の交流拡大につなげる試みで、県も新年度補正予算でモデル事業として予算化した。

 室生、大宇陀、吉野、川上の県東部・中部の中山間地域には木工や陶芸などの工房が多く、工房街道として地域の魅力として紹介するとともに、工房での体験とは別に里山体験や農業体験などからなる「奈良のむらモニターツアー」も計画。新しい観光ツアーの創造へと地域と一体になって開発するのがこの事業の目的…


元ネタ

スポンサーサイト

  • 2007.09.25 Tuesday
  • -
  • 14:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM